スタートアップ・プロジェクトルーム (SPR) 概要

創業・起業をお考えのかた、既に開業されているかたへ、産業振興センターのインキュベーション施設についてご紹介します。

スタートアップ・プロジェクトルーム(SPR)とは

スタートアップ・プロジェクトルームは札幌市産業振興センターのインキュベーション施設です。
起業したての若い会社、個人を様々な面からバックアップします。

手厚いサポート体制

経営相談・情報提供

当センター自慢の専門家が、それぞれの企業に合わせた解決方法をご提案します。

選べるオフィス

事業拡大で手狭になったときは、広いオフィスに移転のチャンスもあります。

24時間利用可能

24時間、昼でも夜でも頑張るアナタを応援しています。

勉強会・交流会

ひとつ屋根の下、みんなで切磋琢磨。新しいビジネスチャンスが生まれています。

セキュリティ

警備員とセキュリティシステムは年中無休。どんな時も休みません。

ページのトップへ戻る

さっぽろ産業振興財団の各部門による支援

さっぽろ産業振興財団は、札幌市産業振興センター、札幌中小企業支援センター、エレクトロニクスセンター、インタークロス・クリエイティブ・センター (ICC)、札幌フィルムコミッション (SFC) の各部門において、札幌市内中小企業への幅広い支援をおこなっています。

経営セミナーや創業者向けのセミナーなどの様々なセミナーを開催しているほか、創業期における経営支援や融資斡旋などを、インキュベーション・マネージャーや登録している中小企業診断士を通じておこなっているほか、6次産業化の促進、輸出支援、IT・コンテンツ・映像産業振興など、様々なジャンルにおける支援や相談対応を受けることが出来ます。

ページのトップへ戻る

施設・設備について

ハード面から入居者をバックアップするために様々な充実した設備が用意されています。

企業の規模に応じて3タイプの広さをご用意。

セキュリティに関しては、ICカードキーとメカキーの併用による管理、夜間 (17時から翌朝9時) は警備員及び機械による警備で万全の体制です。

その他

次の設備が用意されています。

商談室、ラウンジ、共用機材 (カラー複合機) (有料)、自販機コーナー、内線電話…など

施設概要

SPR内のイメージ画像
  • 施設名: 札幌市産業振興センター スタートアップ・プロジェクトルーム
  • 所在地: 札幌市白石区東札幌5条1丁目1-1
  • 構造: 鉄筋鉄骨コンクリート造、地上3階

入居ユニット概要

入居ユニット一覧表
タイプ 面積 月額利用料 電気容量 部屋数
A 51平方メートル 117,300円 105アンペア 4
B 27平方メートル 62,100円 80アンペア 5
C 10平方メートル 23,000円 60アンペア 11
備考
  • 床荷重 1平方メートルあたり300キログラム
  • 内線電話
  • LAN設備

通信環境

インターネット接続環境を利用可能です。(最大100Mbpsの通信速度の回線を施設内で共有しておりますので、通信速度は利用者数等により変動します)

備考

メールアドレスを取得されるなどの場合は、ドメイン名の申請・維持は各自にて実施して下さい。

施設ネットワークは多くのかたが利用しています。他のかたに迷惑が掛からないようウイルス対策ソフトの導入等、対策は十分に施してください。

ページのトップへ戻る

利用料・利用の条件

含まれる費用

  • 各入居ユニットの部屋代
  • 共益費 (管理費・清掃費・警備費・上下水道料金)
  • 回線利用料 (「通信環境」参照)

入居者負担費用

電気代 (実費)

  • 冷暖房費 (AとBは実費、C1からC8は8室で負担、C9からC11は3室で負担)
  • 電話料 (個別契約)
  • 駐車場料金 (月額5,000円、1社1台まで)

納入方法

入居当初には、入居月を含め最大3か月分を使用承認の際に納入 (入居月の利用料は日割り計算)。その後の各月分は当該月の前々月の末日までに納入。

ページのトップへ戻る

入居期間

入居期間は3年以内です。入居者は公募・選考により決定いたします。(審査により認めた場合は最長5年)

ページのトップへ戻る