入居企業インタビュー

札幌市産業振興センターのインキュベーション施設「スタートアップ・プロジェクトルーム」(以下SPRと表記します) に現在入居している企業に現在の状況を伺いました。

株式会社T&Tフェニックス

起業の動機について教えてください

写真
株式会社T&Tフェニックス

代表取締役 佐々木 史朗さん

東京で22年間、外資系科学メーカーの東京支社などでサラリーマンをしていました。

主に貿易に係る仕事に就いていましたが、33年振りに北海道に帰郷したこともあり、元々の鉄道好きからの旅行好きであることを活かして旅行会社を立ち上げました。

SPRに入居するきっかけを教えてください

3年前、札幌市産業振興センターで開催しているセミナーによく出席していました。

その時から良い環境だと思っていまして、その後起業して入居する物件を探していたところ偶然SPRに空き部屋が出たということを知った為、入居申請の審査に通り入居しました。SPRは人気があって空きが出ないので幸運でした。

入居した部屋の印象はいかがですか?

オフィスの様子の写真

最高です。部屋のみならず、周辺の環境、通勤などなど、我が社にとって申し分ありません。

事業を成長させるために工夫した事を教えてください

旅行業の仕事は未だに経験が浅いので日々勉強中です。しかし異業種から参入したからこそ感じるのは、どんなにIT時代が進んでも多くの生身の人間が一本のツアーに係る仕事であり、係る人間が変わるとどれ一つとして同じツアーにはならない。

怖さでもあり、面白さでもあります。社内外の「人」を大切にする事が会社の成長を生むと考えております。

入居中、何か印象的なことはありますか?

入居している会社同士で会話をする機会があることです。異業種間のコミュニケーションが興味深いです。

役立った公的支援制度について教えてください。

未だ活用していないので良くわかりませんが、これから特に貿易業を拡大していくと色々とお世話になると思います。うまく活用出来るようにしていきたいです。

今後の抱負について教えてください

旅行業をさらに拡大し、今年は特に貿易業を充実させたいと考えています。

旅行業は、特に北海道のように季節にも影響して好不調の波が出やすい業種なので、安定的な利益を貿易業で生み出し会社を安定させたい。これが我が社の目指すところです。

SPRへの入居を検討されているかたにメッセージをいただきました。

先ず将来に向けたビジョンをしっかり持つ事が大切です。展開する事業が札幌市の育成産業であると考えれば、後は部屋の空き状況を小まめにチェックし、いずれチャンスは訪れる筈です。諦めず頑張ってください。

会社概要

  • 決算月: 4月
  • 設立: 2015年11月5日
  • 社員数: 5名
  • 事業内容: 旅行業、貿易業、通訳・翻訳

旅行業(Travel)を切り口として、そこから派生的に貿易業(Trade)に展開していく。
主に海外の富裕層(事業家)を旅行業のクライアントとし、クライアントが帰国した後に興味を持った日本製品の引き合いを貿易業に展開する。

ページのトップへ戻る